本文へスキップ

百済山 長栄寺は開基 聖徳太子江戸時代の高僧 慈雲尊者ゆかりの寺院です。

TEL. 06-6781-0797

〒577-0054 大阪府東大阪市高井田元町1−11−1

由来

由来

百 済 山(くひゃくざいざん)長 榮 寺 (チョウエイジ)
【宗 派】  新 真 言 宗   総 本 山
【別 名】  高 井 田 寺 /長栄律寺
【開 山】  慈 雲 尊 者
【開 基】  聖 徳 太 子
【住 所】  〒577-0054 大阪府東大阪市高井田元町1-11-1

山号にあるように長栄寺は日本への仏教伝来
当時の百済の僧によって建立,管理されたといわれている

考古学の権威門脇禎二教授によれば
四天王寺と飛鳥寺を建立の後,大阪東部に
この寺を建立したのではないかと言う説を立てている。
そのうえで飛鳥時代に
推古天皇,聖徳太子,蘇我馬子が創建にかかわったことが
うかがえるとしている。そして百済僧,恵聴は飛鳥寺に住み
聖徳太子に仏教を教え最高大臣の蘇我馬子をして
長栄寺を建立したとしている。

また長榮寺は慈雲尊者全集によれば
”河州高井田村百済山西之坊 長榮寺”と称し、
中興初代文職とあり、第10世・中興初代忍網貞紀和上とある。

この忍網貞紀和上はほかならぬ
慈雲尊者の剃髪の師であり、
終生敬幕した名僧である。

この忍網貞紀和上 の次に第一一世、
中興第二世として住したのが慈雲尊者であり、
以後尊者の高 弟やその弟子達が後を嗣いでいる。

長榮寺の現在の立派な本堂など は、
尊者や高弟たちによって講えられた。

殊に境内にある雙龍庵の弾那台 は、
尊者が長榮寺から生駒山中腹に隠栖した際に、
坐禅や梵学の研究に励 んだ記念すべき庵室で、
尊者自身設計したものである。

血脈からみると戒律を重んじた真言律に相当するが
独自に正法律を提唱し,その道場ともなった。












長榮寺

〒577-0054
大阪府東大阪市高井田元町1−11−1

TEL 06-6781-0797
FAX 06-6781-0797

  office@choeiji.com